【最新刊】ティール組織 ― マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現

ティール組織 ― マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現
1冊

著:フレデリック・ラルー 訳:鈴木立哉 解説:嘉村賢州

2,700円(税込)
ポイント 27pt

通常ポイント:27pt

【大反響、7万部突破!!】続々受賞!「ビジネス書大賞2019」経営者賞「読者が選ぶビジネス書グランプリ 2019」マネジメント部門「ITエンジニアに読んでほしい! 技術書・ビジネス書 大賞 2019」ベスト10「HRアワード 2018」優秀賞本書を読んでいくと、「あなたは、どんな組織をつくりたいのか?」「その実現のために最善を尽くしているか?」と問われている感覚があった。でも、一気に色んなことをせずに、まずは目の前の一人に心から向き合うこと。それが自分にできる唯一の道であり、それに気づかせてくれた『ティール組織』に、心から感謝を。――岡田武史(株式会社今治.夢スポーツ 代表取締役会長、元サッカー日本代表監督)10年、20年先の組織のあり方を示す決定版こそが「ティール」この変化が、様々な業界で既に起きつつあることに、興奮を隠せない!――入山章栄(早稲田大学ビジネススクール准教授、『世界の経営学者はいま何を考えているのか』著者)人事の役割を再定義させてくれた一冊。――島田由香(ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社 取締役 人事総務本部長)組織の変化は、現実的には一直線ではないはず。本書を読んで、「自分の会社は現在に至るまで、どう変わったのだろう?」と色の変化をたのしんでみよう。――小竹貴子(クックパッド株式会社ブランディング・編集本部長)久しぶりに画期的な組織論の本に出会った。――堀内勉(多摩大学大学院特任教授、書評サイトHONZレビュアー)これは間違いなく、今後20年は読みつがれる組織論の古典になる。――岩佐文夫(元DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー編集長)「なぜ仕事で疲弊するのか?」「組織のどこがおかしいのか?」と思ったら原因を究明するのに最高の教科書。――吉沢康弘(インクルージョン・ジャパン取締役)「高い次元の組織」とは何か、という問いに答える刺激的な一冊。――ロバート・キーガン(ハーバード大学教育大学院教授、『なぜ人と組織は変われないのか』著者)ポスト資本主義時代における新しい組織モデルのバイブルとして、21世紀の歴史に刻まれる本になるでしょう。――佐宗邦威(biotope代表/戦略デザイナー、『21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由』著者)次の組織モデルは、これだ。上下関係も、売上目標も、予算もない!?従来のアプローチの限界を突破し、圧倒的な成果をあげる組織が世界中で現れている。膨大な事例研究から導かれた新たな経営手法の秘密とは。原書発売後またたくまに世界中に広がり、15カ国語・40万部を超えるベストセラーに。新しい時代の経営論として大注目の一冊。

続きを読む
提供開始日
2018/01/24

レビュー

4.1
48
5
21
4
20
3
3
2
3
1
1
レビュー投稿
  • 2019/07/13Posted by ブクログ

    んー、組織改革で検索して推薦図書だったのですが、内容がイマイチです。厚いばかり厚い本ですが、言いたいことが簡潔に書かれてません。
    これは❌です。

  • 2019/07/07Posted by ブクログ

    ☆ティール型組織では出世欲がなくなる。能力と意欲があるメンバーは自然に役割を広げるから。自分を振り返っても、出世したいのは上司よりもうまくその役割を果たせると思うから、彼らが良い待遇をえて広い権限と多...

    続きを読む
  • 2019/06/26Posted by ブクログ

    現在の働き方や会社とのかかわり方が、昔からどのように変わってきたのか、それが現在どのような形になっているのか、そしてどこへ向かうのか。私たちの今の働き方や組織に限界がきていることについては良く知られて...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード