されど愛しきお妻様 「大人の発達障害」の妻と「脳が壊れた」僕の18年間

鈴木大介

1,265円(税込)
1%獲得

12pt(1%)内訳を見る

    41歳で脳梗塞で倒れたものの、懸命なリハビリの末に見事現場復帰したルポライターの鈴木大介さん。鈴木さんが高次脳障害を受容するまでの行程を描いた記事は大反響を呼びました。そんな鈴木さんの闘病生活を支えた「お妻様」。鈴木さんと「家事力ゼロな大人の発達障害さん」だった「お妻様」が悪戦苦闘しつつ、「超動けるお妻様」になるまでの笑いあり、涙ありの日々をお届けします。

    続きを読む

    レビュー

    4.1
    17
    5
    6
    4
    8
    3
    3
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/05/13Posted by ブクログ

      発達障害の本はたくさん読んだが、今一つ実感として理解できなかった。この本は、事故で後天的に発達障害のような状況を体験した作者が、発達障害の妻との18年にわたる生活を振り返り、発達障害の特性や共に暮らす...

      続きを読む
    • 2019/03/29Posted by ブクログ

      実は、先日ADDと診断された。注意欠陥、遂行機能障害、作業記憶の低下…この本に書かれている言葉を使えば、これらの症状が第二子出産後に顕著になった。私と、夫との間において「障害」となった。辛かった、どう...

      続きを読む
    • 2019/03/09Posted by ブクログ

      お互い理解し合う、尊重しあうってことを教えてもらった本です
      発達障害の方や脳障害の方の家族にとって、心強い本です

    開く

    セーフモード