【最新刊】金栗四三

金栗四三

1冊

佐山和夫

815円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    2019 年大河ドラマ「いだてん」で中村勘九郎さんが演じることで注目を集める金栗四三。日本人が出場した初めての国際大会「ストックホルム・オリンピック」(1912年)に日本代表としてマラソンに出場した金栗四三は、レースの途中で姿を消してしまい、「消えたオリンピック走者」として語り継がれることになる。それから55年後、ストックホルム・オリンピック開催を記念する式典に招待された金栗は、競技場をゆっくりと走って、場内に用意されたゴールテープを切る。この時、「日本の金栗、ただいまゴールイン。タイム、54年と8ヶ月6日5時間32分20秒3、これをもって第5回ストックホルムオリンピック大会の全日程を終了します」とアナウンスされる。この記録はオリンピック史上最も遅いマラソン記録となるのだった。「箱根駅伝」や日本初のフルマラソン「福岡国際マラソン」の創設にも尽力した金栗だったが、そこには、西欧に遅れをとる日本の選手を世界のトップレベルで戦えるようにしたいとの強い想いがあった。日本のマラソン王と称される金栗四三――「消えたオリンピック走者」の真相から、「箱根駅伝」創設、そして日本スポーツ界発展にささげたその生涯に迫る本格評伝。待望の文庫化!!

    続きを読む
    提供開始日
    2018/12/10

    レビュー

    4
    2
    5
    1
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/06/09Posted by ブクログ

      大河ドラマは視聴率が低いそうですが、テーマとしては極めて興味深いので、こちらの本を読んでみました。金栗さん、本当に魅力的な方ですね。根性があって、優しくて、リーダーシップがあって。
      彼が作った箱根駅伝...

      続きを読む
    • 2018/03/25Posted by ブクログ

      2019年の大河ドラマ「いだてん」の主人公というので図書館で借りてきた本。余談だが熊本県玉名市にラーメン食べに行った時にも金栗四三のPRが壁にかけてあった。スウェーデンでのオリンピックのマラソン代表、...

      続きを読む

    セーフモード