浮浪児1945-―戦争が生んだ子供たち―(新潮文庫)

石井光太

649円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    1945年の終戦直後、焦土と化した東京では、家も家族もなくした浮浪児が野に放り出されていた。その数、全国で3万以上。金もなければ食べ物もない。物乞い、窃盗、スリ……生きるためにあらゆることをした。時に野良犬を殺して食べ、握り飯一個と引き換えに体を売ってまで――。残された資料と当事者の証言から、元浮浪児の十字架を背負った者たちの人生を追う。戦後裏面史に切り込む問題作。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード