【最新刊】アンティーク弁天堂の内緒話

アンティーク弁天堂の内緒話

1冊

著:仲町六絵

564円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    進学のため京都・下鴨神社近くの寮で暮らすことになった女子高生の紫乃。ある日、実家からお守りとして持ってきたガラスの白鳥から、亡き祖母を呼ぶ声がすることに気づく。途方にくれる紫乃だったが、琵琶湖の弁財天を名乗る女性に、哲学の道にある骨董店へ行くよう促される。そこには不思議な力で訳ありの品の謎を解く店長・洸介がいて――。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/01/16
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/11/29Posted by ブクログ

      利休の人形の話は興味深かったです。
      利休遺愛の茶杓ゆがみを見に、東京の永青文庫へ行く
      話は、わかりにくいと思います。
      京都にも利休ゆかりの地があるのに。

    • 2018/10/05Posted by ブクログ

      自分ではきっと購入することはないだろうけど、アンティークというものに心惹かれます。
      そういう系のお話が読みたくて借りてみました。

    セーフモード