堕ち神様のつがい様

著:霧嶋珠生

605円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    紫は大学の食堂で働くオカン気質な熊系男子。そんな食堂に突然来た浮世離れしたツンツンしたささらがだんだん気になっていく。ささらのことを考えて帰宅していた紫は突然おおきな狼に拉致される。大きな体に乗せられてきたのは『堕ち神様』が祭られている小さな祠。祠の中につれてこられた紫は狼の正体がささらだとわかる。ささらに「さぁ、つがうぞ」と押し倒されて服を剥ぎ取られたら、いきなり欲望が抑えきれなくなり、ささらを抱きたくなってくる―…。

    続きを読む
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード