【最新刊】芳一

芳一

1冊

堀川アサコ

748円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    亡霊も涙すると評判の琵琶法師・芳一。足利義詮の前で弾き語りを始めるや、尼の霊が出現、義詮が姿を消す。親友を人質に取られた芳一は、義詮を探すよう命じられるが、事件の裏には日の本を揺るがす《北条文書》の存在があった。いつしか芳一は文書をめぐる陰謀にまきこまれ……。幻想シリーズ著者がおくる痛快歴史ファンタジー!

    続きを読む
    提供開始日
    2018/01/12
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    3.5
    2
    5
    0
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/05/27Posted by ブクログ

      この作者の本をずっと読んできたけれども、これもまた、雰囲気の変わった話でした。
      表紙は、帯の惹句と合わせて、なんだか、ルパン三世っぽい。そんな先入観をもちながら読んでみたら、そう言えなくもないなあ、と...

      続きを読む
    • 2018/01/10Posted by ブクログ

      琵琶法師 芳一 と言われて思いつくのは耳なし芳一。でも 眼も耳も無事なこのお話の芳一は…

      動き回る芳一と北条文書の中身が面白い

    • 2017/12/12Posted by ブクログ

      琵琶法師の芳一が迫る、幕府を滅ぼす《北条文書》とは? 琵琶法師の芳一が足利義詮の前で語り始めるや、尼の霊が出現、義詮が姿を消す。義詮を探すよう命じられた芳一だったが、日の本を揺るがす《北条文書》を巡...

      続きを読む

    セーフモード