【最新刊】虚人の星

虚人の星

島田雅彦

814円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    外交官から首相秘書に抜擢された新一は、七つの別人格に苦しむスパイでもあった。その新一が仕える世襲総理松平定男は、凡庸な極右との前評判を覆し、米大統領をも黙らせる名演説で世間の度肝を抜く。しかし彼の内部にも奇妙な変化が現れて……。二重スパイと暴走総理は日本の破滅を食い止められるのか?

    続きを読む
    提供開始日
    2018/01/12
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫
    出版社
    講談社/文芸
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2020/07/08Posted by ブクログ

      日本がスパイ天国だなんて話は虚構でもなく、恐らくは事実だろう。昨今の政治家の立ち居振る舞いを見ても、いったいどの国の国会議員なんだと思われる人間も多数見受けられ、それを支持する国民。そう言った日本の状...

      続きを読む
    • 2020/07/08Posted by ブクログ

      まずは文章が好きです。
      なんの話か全く予測せずに読みましたが、解離性の人格!スパイ!などなど盛りだくさんで、政治に対する恐怖もリアルで本当に楽しく読み進めることができました!
      やっぱり島田雅彦は面白い...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2020/07/08Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード