P+D BOOKS 死刑囚 永山則夫

佐木隆三

715円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    “犯罪”を“文学”に昇華させた渾身の傑作。1968年10月11日、東京プリンスホテルでガードマンが頭部を撃ち抜かれた。次いで京都、函館、名古屋と飛び火してゆく射殺事件。日本中を震撼させた連続射殺魔・永山則夫の、人間の内面と事件の全貌を鮮烈に描いたノンフィクション・ノベル。21年間にわたり刑事被告人だった主人公が獄中で執筆した『無知の涙』『木橋』、獄中結婚、そして死刑確定と「犯罪を主題とする文学」を追究し続けた作家・佐木隆三の意欲作。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード