【最新刊】日本人が知らない満洲国の真実 封印された歴史と日本の貢献

日本人が知らない満洲国の真実 封印された歴史と日本の貢献

宮脇淳子/岡田英弘

968円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    近代中国をつくったのは日本である! 日清戦争勃発から、最後の引き揚げ船、舞鶴入港まで……【日本と大陸の歴史を再検証】気鋭の歴史学者が世界史の視点で満洲国を読み解く歴史とは、因果関係を明らかにすること。個人や国家の行動が道徳的に正義だったか、罪悪だったかを判断する場ではない(本文より)※本書は二〇一三年四月、ビジネス社より単行本として刊行された『真実の満洲史[1894-1956]』を加筆、改題の上、新書化したものです。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/12/28
    連載誌/レーベル
    扶桑社BOOKS新書
    出版社
    扶桑社
    ジャンル
    学術・学芸

    レビュー

    5
    1
    5
    1
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/08/15Posted by ブクログ

      満州と言う国の成り立ちから、そこに居を構えた人々にまつわる話がとても簡潔にまとめられています。文明は川を中心にしますが、戦争や社会情勢気候が満州を作って行きました。満州は日本人が奪った地域と思っていま...

      続きを読む
    • 2018/02/03Posted by ブクログ

      歴史というのは因果関係を明らかにすることなのです

      現在ある国家や今いる人間にとって良いか悪いかを決めることができるとは言いませんが、は法定ではないのですそれが私は岡田英弘が考える歴史学です

      満州...

      続きを読む

    セーフモード