【最新刊】雲を愛する技術

雲を愛する技術

1冊

荒木健太郎

1,320円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    みなさんは覚えているでしょうか。いかにも夏という感じの青空に映えるモクモクした雲の壮大さを。みなさんは見たことがあるでしょうか、激しい雷雨の過ぎ去った空にかかった、心打たれるような美しい虹を。(「はじめに」より) 豊富な写真・図版と雲科学の知見から、身近な存在でありながら本当はよく知られていない「雲」の実態に迫り、その心を読み解いていく。雲研究者である著者の、雲への愛にあふれた一綴りのラブレター。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/12/27
    連載誌/レーベル
    光文社新書
    出版社
    光文社
    ジャンル
    学術・学芸

    レビュー

    3
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/12/15Posted by ブクログ

      私の物理リテラシーレベルが低いため、ほとんど頭に入ってこなかった。タイトルに興味を惹かれて購入したが、読み進めていて特に雲とか空を見てみようと言うきっかけになることもなく。収録されている写真はとてもき...

      続きを読む
    • 2018/03/20Posted by ブクログ

      雲愛がすごい。
      雲の写真や気象現象を解説したイラストを
      見るだけでも面白い。
      天気予報士になるための入門書のよう。
      観天望気を心がけて空を見ていたい。

    セーフモード