【最新刊】パラダイス文書 連鎖する内部告発、パナマ文書を経て「調査報道」がいま暴く

パラダイス文書 連鎖する内部告発、パナマ文書を経て「調査報道」がいま暴く

奥山俊宏

1,100円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「パラダイス文書」が2017年11月5日(日本時間6日)に公開され、世界中で反響を呼んでいる。富める者をさらに富ませ、貧しい者をさらに貧しく、世界中で格差を広げる仕組み。メガ内部告発、メガ調査報道の潮流を、源までさかのぼって見せる。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/12/29

    レビュー

    3
    2
    5
    0
    4
    0
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/05/13Posted by ブクログ

      「富裕層と大企業による節税という名の脱税」。一応合法かもしれないが限りなくグレーである。
      そしてその不足する金額は、真面目な納税者によって穴埋めされる。格差は限りなく拡がる。なんとも不愉快な話である。...

      続きを読む
    • 2018/02/25Posted by ブクログ

      図書館で借りた本。パラダイス文書とは、タックスヘイブンに設立された法人や組合に関する電子ファイルの事。内部告発をした人が複数のルートで流出させ、世界の政治家や官僚やU2のボノやマドンナなど有名人からア...

      続きを読む

    セーフモード