習近平の独裁強化で世界から徹底的に排除され始めた中国

著:宮崎正弘

990円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    2017年10月の中国共産党大会で習近平の独裁体制が確立したが、世界ではますます傲慢になっていく中国への反発が強まっている。各国を取材してきた著者が、第2期習近平体制で起きている中国の大変化と世界の「中国離れ」の現状を解説。今後の中国の行方を分析!【本書のおもな内容】◎アフリカでの中国の新植民地主義的なやり方に強まる批判◎ドイツに中韓のロビー工作員が浸透◎イギリスで資金とともに消えたチャイナタウン・プロジェクト◎親中派のパキスタン、ラオス、カンボジアでも拡大する反中意識◎「中国が北朝鮮を攻撃する」というリアリティ◎中国金融界が抱える超ど級の核弾頭が世界を破壊する◎中国のインサイダー情報を握る郭文貴にバノンの影◎「北朝鮮の核は前座、5年以内に米中戦争が起きる」 ほか

    続きを読む

    レビュー

    3
    2
    5
    0
    4
    0
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/08/17Posted by ブクログ

      令和初の夏休みの部屋の片づけで発掘されました、今年(2019)明け早々に読んだことになっています。ここでレビュー書いておかないと、そのままお蔵入りになりそうなので、記録として書いています。

      私の勤務...

      続きを読む
    • 2019/01/04Posted by ブクログ

      シナの現状をキーに、各国、地域を読み解く。
      最終的に、日本の選択肢が米国につくかシナに屈従するかしかないという結論に気が滅入る。

    セーフモード