巨塔崩壊 TOWER DOWN【上下合本版】

著:デヴィッド・ハグバーグ

1,760円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    〈北朝鮮の核開発〉〈アルカイダによる同時多発テロ事件〉を事前に作品で予見!アメリカでは〈未来を予見する作家〉として注目を浴びるデヴィッド・ハグバーグ最新作!明日、起こりうるテロをリアルとフィクションを交えて見事に描いたエンタテインメント!「昨日の出来事が必要なら新聞を読め。 だが、“明日起こること”を知りたければ この作家の作品を読むべきだ」──ウォード・ラーセン[USA Todayベストセラー作家]新建築の高層ビルが突如倒壊ISISの犯行声明が出され、次なるテロが示唆されるなか、元CIAエージェントは事件の核心は他にあると警告する── 超高層のタワービル〈アトエイス〉に備えられている九百トンものカウンターウエイト。だが、もしそのコントロールが効かなければ、どんなビルも圧力に耐えることはできない。 突然、巨大な楽器の弦を弾くようなブーンという音がして、ビルの骨格が軋んだ。と同時に床は西側へ向かって大きく傾き、全員の体が一かたまりとなって転がっていった。誰もが泣き叫んでいるという状況の中で、少なくとも二人が、なおも携帯電話に向かってなにかを叫び続けていた。──本文より【あらすじ】ニューヨーク、マンハッタン。完成したばかりの高層ビルのペントハウスでパーティが開かれるなか、不気味な振動が巨塔を襲う。それは地震でもなく、何者かによる物理的攻撃でもなかった。あっという間の出来事に、逃げる時間もなくビルの倒壊で多くの人命が失われた。人々の脳裏に9.11同時多発テロ事件の悪夢がよみがえり、アメリカ国民は震撼する。事件発生直後、犯行声明がテロ組織ISIS(イスラム国)から出された。政府は二棟目のビルへの攻撃を警戒し、元CIAのカーク・マクガーヴィに協力を要請。ビルが倒壊した原因は何か? 事件は本当にISISの犯行なのか? マクガーヴィは、恋人のピートともに事件の真相を追う──。

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード