本当はすごい信金・信組

週刊エコノミスト編集部

330円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    自営業者などに身近な信用金庫や信用組合。人口減少や金利低下が進む今、「協同組織」としての役割が問い直されている。 本書は週刊エコノミスト2017年12月5日号で掲載された特集「本当はすごい信金・信組」の記事を電子書籍にしたものです。 本書は週刊エコノミスト2017年12月5日号で掲載された特集「本当はすごい信金・信組」の記事を電子書籍にしたものです。・金利ゼロでも融資する“濃密”支援の信金・信組・Q&A 信金・信組の基礎知識・【インタビュー】遠藤俊英(金融庁監督局長)地域の“よろず相談業”に 行政・経済界との協力も・金融庁検査 方針転換に戸惑う信金 振り回された歴史に不信・相次ぐ再編 合併で“メガ信金”が続々誕生 二極化で生き残りの岐路・【トップインタビュー1】種村信次(米沢信用金庫会長)・信金マネー 低金利で投資信託の運用増 カナダ州政府、欧州機関債に食指・ガバナンス 信金トップの世襲は9% 「総代会」の機能に課題・【トップインタビュー2】山本明弘(広島市信用組合理事長)・経営分析 データで見る信金・信組・稼ぐ力 経営規模と利益で見る財務ランキング・国際機関が問題視するマネロン対策の遅れ【執筆者】浪川 攻、宮村 健一郎、三好 悠、高橋 克英、大沢 昌弘、古江 晋也、井上 信一【インタビュー】遠藤 俊英、種村 信次、山本 明弘

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード