武揚伝 決定版(上)

佐々木譲 著

946円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    本書は21世紀に入って刊行された最も優れた歴史小説であり、一人の作家が生涯に一度書けるかどうかというほどの名作である。――縄田一男(日本経済新聞書評より)黒船来航に揺れる幕末。榎本釜次郎(武揚)は、幕府要人の蝦夷地視察に随行した後、新設の海軍伝習所に入所。操船、蒸気機関等の技術や語学を研鑽し、オランダ留学を果たす。欧州の地で近代国家間の戦争を目の当たりにした釜次郎は、日の本と隔絶する列強諸国の有り様に驚愕する――。新田次郎文学賞受賞作を全面改稿した決定版!

    続きを読む
    • 武揚伝 決定版 全 3 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      武揚伝 決定版 全 3 巻

      2,860円(税込)
      28pt獲得

    レビュー

    4.5
    2
    5
    1
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2019/01/22Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2018/08/10Posted by ブクログ

      文庫で、三巻。(上)は、榎本武揚(まだ釜次郎)が開陽丸に乗って、オランダを出発する所まで。勝海舟(まだ麟太郎)が嫌な奴に描かれているのも、印象的。
      幕末に早くも留学し、海外と日本の差異を見る。自分のし...

      続きを読む
    • 2018/05/30Posted by ブクログ

      海軍伝習所を経てオランダへ留学した釜次郎は、観戦武官としてデンマークとプロシアの近代戦争に臨場し、己が国と欧米列強とのあまりの格差に驚愕する!

    セーフモード