曠野の花 新編・石光真清の手記(二)義和団事件

石光真清 著/石光真人 編

1,100円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

この作品はブラウザでは読めません。アプリでお楽しみください

    明治三十二年、諜報活動に従事すべく、ロシアの進出著しい満洲に入った石光陸軍大尉。そこは、中国人、ロシア人、韓国人、コサック、そして日本人など多彩な民族の坩堝であり、日本人娼婦を妻とする中国人馬賊が疾駆する大地だった。未公開手記『得体の知らぬ日本人』『因果物語ほか』等を収録。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード