茂木健一郎の脳科学講義

茂木健一郎/歌田明弘

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    脳という物質に「クオリア」にみちた意識が宿るのはなぜか。人はなぜ他人の気持ちがわかり、自分が自分であると認識できるのか。知性や創造力はどのように育まれるのか。この不確実な世界を生き抜く脳の潜在能力とはいかなるものか。……脳科学の最前線を斬り進む茂木健一郎が、こうした難問をめぐって基礎の基礎から個人授業! 愉快かつ深遠な語り口で人間存在の謎の核心にいざなう贅沢な一冊。

    続きを読む

    レビュー

    3.8
    5
    5
    1
    4
    2
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/10/09Posted by ブクログ

      非常に面白かった。5年前と比較的古い内容でありながら、現在の脳科学がどのあたりに位置しているのかというマッピングがはっきりとできたように思う。単純に知識を得たということよりもさまざまな示唆を得られた。

    • 2014/10/29Posted by ブクログ

      茂木健一郎が、13回に渡っておこなった脳科学講義の記録です。雑誌『ユリイカ』の編集長を務めた歌田明弘が、聞き手を務めています。

      局所機能説的な脳科学研究ではクオリアの問題に踏み込むことはできないとい...

      続きを読む
    • 2011/10/05Posted by ブクログ

      基本的には彼の出世の本懐たる「クオリア」の探求がテーマなのだが、脳が電気信号を発信するだけの装置と考えることと「意識」というものの存在がどれほどマッチしないか?しかし、未だ電気信号として考える脳科学の...

      続きを読む
    開く

    セーフモード