ざわつく女心は上の空

こかじさら

1,232円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    専業主婦の榎本佐和子は、あるとき、フードコーディネータの友人からバイトを頼まれる。小遣い稼ぎになればと迷うことなく応じるが、手伝いを続けるうちに出版社の編集者から声をかけられ、読者代表として料理雑誌に出ることに。これをきっかけに、佐和子は人気料理研究家としてデビュー。実力がないまま担ぎ上げられ有名になるが――。佐和子の家族、友人、隣人たちはいきなり有名人となった彼女の存在に心をざわつかせる。妬み、憐み、あこがれ。女の微妙な気持ちが交差する連作短編集。

    続きを読む

    レビュー

    3
    8
    5
    0
    4
    2
    3
    5
    2
    0
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2019/10/20Posted by ブクログ

      普通の専業主婦がカリスマ料理研究家に。
      女性同士の妬み。壊れていく家族の絆。
      得るものがあれば失うものがあるんだな。
      色んな人間模様が見れて面白かった。
      ドン底に落ちてからの続きももう少し知りたかった...

      続きを読む
    • 2019/08/21Posted by ブクログ

      ふとしたきっかけで、普通の主婦が大人気の料理研究家になった。
      彼女をとりまく女達のざわつく女心。

      こういうことってありそう。
      周りに踊らされて、商品化された本人もその気になって。
      テレビの向こうの世...

      続きを読む
    • 2019/06/18Posted by ブクログ

      連作短編6編
      あれよあれよという間に料理研究家になってしまったさわこ先生.彼女の周りの人たちがざわざわする思いを描いている.

    開く

    セーフモード