【最新刊】爆撃聖徳太子

爆撃聖徳太子

1冊

著:町井登志夫

850円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    隣国を次々に従え、世界帝国への道をひた走る隋帝国。その矛先は琉球、そして朝鮮半島へと向けられた。倭国に攻めてくるのも時間の問題……。この危機に敢然と立ち向かったのが、厩戸皇子、のちの聖徳太子である。遣隋使となった小野妹子をはじめ、周囲の人びとを巻き込んだ聖徳太子の戦いの行く末は!? 「なぜ隋の煬帝を怒らせる国書を送ったのか」「“聡耳”と言われた理由」「その後半生に政治的空白期があるのはなぜか」「黒駒伝説の真実とは」――聖徳太子をめぐる数々の謎を解き明かしながら、東アジアを舞台に壮大なスケールで描かれる、衝撃の古代史小説。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/12/22
    連載誌/レーベル
    PHP文芸文庫
    出版社
    PHP研究所
    ジャンル
    歴史・時代

    レビュー

    4.3
    10
    5
    4
    4
    5
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/12/01Posted by ブクログ

      盛岡のさわや書店のおすすめポップに背を押され読んでみたら引き込まれて一気読みでした。
      タイトルから歴史小説だと思うと完全に裏切られます。スケールの大きいエンターテイメントでありながら、聡耳や最後の戦争...

      続きを読む
    • 2018/05/26Posted by ブクログ

      さわや書店が大きなポップでオススメしていたので思わず購入。久しぶりの一気読み。

      【ザッと内容】
      聖徳太子、小野妹子の半世紀に渡る隋国との戦いを綴った歴史小説。主人公は小野妹子。元々下級豪族だった小野...

      続きを読む
    • 2018/01/18Posted by ブクログ

      ぶっ飛んだキャラの厩戸皇子(聖徳太子)がどんなことをしてしまうのか、という目で読んでいたのですが意外と真っ当でした。それでも偉人という人物像にはかけ離れていますが(笑)。もう一人の主役は厩戸皇子に振り...

      続きを読む
    開く

    セーフモード