【最新刊】「与える人」が成果を得る

「与える人」が成果を得る

辻秀一

1,320円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    たとえば、「ありがとう」と考えるだけでパフォーマンスは上がる!1万人のビジネスリーダー、一流スポーツ選手を指導するメンタルトレーニング専門のドクターが、一瞬で“能力を上げる”シンプルな技術を解説。本書にあるシンプルな技術を心がけるだけで、「モチベーション」「集中力」「実行力」を自分史上最強に上げられます!■見出し例・ハイパフォーマンスを実現する「与える三原則」・「ピザ」「ほめ言葉」「お金」――どれが一番やる気を高める?・「仕事を楽しむ」より「一生懸命が楽しい」という思考の転換が大事・「今日はどれだけ与えられたか」と自問するクセをつける・解決するより、感情のコントロールのほうが楽だと知る・一流のリーダーが持つシンプルな3つの力など■プロフィール辻秀一(つじ しゅういち)スポーツドクター。産業医。株式会社エミネクロス代表。1961年東京生まれ。北海道大学医学部を卒業後、慶應義塾大学病院内科、慶大スポーツ医学研究センターを経て独立、現在に至る。応用スポーツ心理学とフロー理論を基にしたメンタル・トレーニングによるパフォーマンス向上が専門。セミナー・講演活動は年間200回以上に及ぶ。また「人間力ワークショップ」は、経営者、アスリートなど、日本はもとより海外からの参加者もいるほど人気を博している。多数の企業をはじめ、オリンピック選手、プロ野球選手や有名アーティストたちを継続的にサポートする。活動ミッションの柱は「ジャパンご機嫌プロジェクト」と「スポーツを文化にする社会活動」。著書に38万部突破のベストセラー『スラムダンク勝利学』(集英社インターナショナル)、『自分を「ごきげん」にする方法』(サンマーク出版)、『ゾーンに入る技術』(フォレスト出版)ほか、多数がある。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/12/25

    レビュー

    • null巻2019/02/06Posted by ブクログ

      与えること、によって自分自身のパフォーマンスが上がる。

      与えることで与えられる、のではなく、与えること自体が喜びと感じられて気分がよくなる。
      ライフスキル脳=自分で自分の期限をとる脳の力。
      何かを与...

      続きを読む
    • null巻2018/02/10Posted by ブクログ

      人の感情は脳が支配していて、見返りを求めない「与える」という行為により他人と比較したり、損得を考えて不安、不機嫌だった自分から解放される。脳を機嫌のよい状態に自分でコントロールできるようになれば気持ち...

      続きを読む

    セーフモード