バナの戦争

著者:バナ・アベド 訳者:金井真弓

1,425円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「ハリー・ポッター」シリーズのJ.K.ローリング推薦! 「残酷さと恐怖のまっただなかで生まれた愛と勇気の物語――これは、想像もつかない世界を生き抜いた少女の証言です」現代版「アンネの日記」と話題の感動手記! 「今夜、わたしは死んじゃうかもしれない」 シリアのアレッポから激しい内戦の状況をTwitterで世界に発信していた当時7歳(現8歳)の少女、バナ・アベドの手記。 平穏な日常を戦争と爆弾によって破壊された、少女と家族の運命は?【世界中のメディアが注目! 】◎「現代のアンネ・フランク」(ワシントンポスト紙)◎タイムズ誌が選ぶ「ネット上で最も影響力がある25人」に選出◎日本でもNHKスペシャルや朝日新聞「天声人語」が著者を紹介【世界中が注目した! 心に迫るツイートの数々】 「ただ、こわがらずにくらしたい」 「おねがいだから、わたしたちの子ども時代をうばわないで」【読書好きの少女の目線で見た戦争の姿と前を向くことば】 「ドカーン! という音がしたあと、何かが割れた。 拍手みたいだけれど、もっと大きな音だ」 「こわいときでも、同時に勇気は出せるの。わたしにはわかる。だって、その日から何度となく、そんなことがわたしに起こったから」 「希望を捨てないで。わたしなんて、3ヶ月爆撃が続いてもあきらめなかった。だってつらいときは、希望が人生そのものだから」

    続きを読む

    レビュー

    4
    1
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/04/08Posted by ブクログ

      ニュースなどにも取り上げられ,有名になった少女バナ・アベド。
      爆撃に脅えながら過ごした日々の,彼女と母親の手記。

    • 2018/03/02Posted by ブクログ

      シリア、アレッポの内戦の中で生き抜く、当時7歳の女の子、バナの手記。作られた物語ではなく、実際に起きたことだ。家に爆弾を落とされたり、トルコに避難したり、多くの死を目にしたこと、言葉では感じた恐怖を言...

      続きを読む

    セーフモード