死者と先祖の話

著者:山折哲雄

1,760円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    都市化や延命長寿化がすすみ、人々と宗教との関わり方、寺院や墓のあり方が激変する時代、死を棚上げしたまま、無葬無墓・寺院消滅・脱宗教等の社会現象だけが肥大化してきている。日本人は死をどのように受け止めて、死者はどう供養され、先祖たちはどのように祀られてきたのか。そしていま、みずからや家族の死を、私たちはどのような形で迎えたらよいのか――。柳田国男『先祖の話』と折口信夫『死者の書』という、戦時下に著された二つの書をてがかりに、鎮魂・供養・往生・看取り等から、日本古来の信仰や死生観を見つめ直す。第一章 戦後と東北第二章 英霊と鎮魂第三章 供養と骨第四章 折口と柳田第五章 往生と看取り第六章 死と生

    続きを読む

    レビュー

    3
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/01/16Posted by ブクログ

      山折哲雄 著「死者と先祖の話」、2017.12発行。かなり私には難しい話でした。何%理解できたことか・・・。この社会はいつの間にか、死後離婚や家族葬、樹木葬、散骨葬などの言葉が飛び交うように。死者が見...

      続きを読む

    セーフモード