【最新刊】魔邸

魔邸

1冊

著者:三津田信三

1,760円(税込)
1%獲得

17pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    早く離れた方がいい。その家の、背後に広がる“じゃじゃ森”では、訳も分からず子どもが消える。作家だった実の父と死別し、母親の再婚とともに引っ越しを経験した小学6年生の優真。ある日、なじめずにいた義父の海外赴任が決まり、移住先が決まるまでのいっときを大好きな叔父と暮らすことになる。しかし、叔父に連れられて訪れたその家は、“神隠し”の伝承がある森に建っていた。その家で過ごす最初の晩、何かが家の中を徘徊している気配を感じると、不気味な出来事が次々と優真に降りかかり――。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/12/21
    連載誌/レーベル
    角川書店単行本
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3
    16
    5
    1
    4
    1
    3
    12
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/08/27Posted by ブクログ

      家シリーズの最新、ということを知らずに最初に読んでしまった。
      母の再婚と義父の転勤の都合で叔父と別荘に滞在することになる主人公の少年(表紙可愛いですね)
      その夜から不気味な気配に怯える事になる…という...

      続きを読む
    • 2019/07/31Posted by ブクログ

      ちょっと各章の終わり方とかくどかったけど
      楽しめた。
      表紙の絵のイメージだと主人公可愛いが
      実際の小6男子はな…
      話としてはかなり強引だった。

    • ネタバレ
      2019/03/17Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード