【最新刊】写真で辿る折口信夫の古代

写真で辿る折口信夫の古代

1冊

著者:芳賀日出男

1,716円(税込)
1%獲得

17pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    民俗学者・折口信夫は「古代」を知ることに全生涯をかけてきた。それは歴史という意味での古代ではなく、古来の日本人の信仰や習俗が現代までも伝承されている、時代を超えた精神性である。そんな折口が論じ続けた「古代」的な要素――千年も続く様々な信仰行事を、写真と文でたどるかつてない一冊。万葉の旅から沖縄への旅、芸能史への展開まで、彼の研究の流れに沿って、「日本人の心の原点」ともいえる写真に解説を付して収録する。

    続きを読む
    ページ数
    274ページ
    提供開始日
    2017/12/21
    連載誌/レーベル
    角川ソフィア文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    学術・学芸

    レビュー

    0
    0
    5
    0
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/11/15Posted by ブクログ

      2018年3月3日、六本木フジフィルムスクエアで
      「民俗写真の巨匠 芳賀日出男 伝えるべきもの、守るべきもの」展鑑賞。
      その後、ギャラリートークを拝聴する。
      1921年生まれの写真家は、「何度も何度も...

      続きを読む

    セーフモード