カムイ伝全集 第二部 7巻

白土三平

1,100円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

▼第1章/野望〔四〕(別式女[べっしきめ]/海跡湖)▼第2章/佐倉十一万石〔一〕▼第3章/佐倉十一万石〔二〕(十文字霞くずし/再会)▼第4章/佐倉十一万石〔三〕(秋風) ●主な登場人物/宮城音弥(貧乏御家人の子から青山美濃守の小姓になった美少年)、カムイ(夙谷の非人から天才的忍者に。現在は抜忍として逃亡の日々)、草加竜之進(武家社会に疑問を持つ、元日置領次席家老の子。行きがかり上、笹一角を名乗る) ●あらすじ/閉門中の堀田正俊からの密書を持って、老中・阿部忠秋の屋敷を訪れた音弥とサブ(カムイ)。だが面会を断られたため、やむなく2人は屋敷で小火騒ぎを起こし、混乱にまぎれて侵入するという行動に出た。そして強引に忠秋と面会した音弥は、正俊が突然閉門になった理由と、急病で面会謝絶となった将軍についての状況を尋ねるが…[野望〔二〕(別式女)]。●本巻の特徴/幕府の実権を握ろうとする酒井忠清の策謀により、絶対的窮地に陥った堀田正信、正俊の兄弟! 将軍・家綱もまた、床に伏してしまう。彼らを救い、忠清の野望を暴こうと立ち上がったのは、宮城音弥、柳生の高弟・木村助九郎、そしてカムイであった!! ●その他の登場人物/酒井忠清(老中筆頭。下馬将軍といわれる権力者)、堀田正俊(若いが剛直・聡明で、酒井の専横に憤る)、堀田上野介正信(佐倉11万石城主。正俊の兄。武辺一筋)、木村助九郎(柳生道場高弟。音弥の天分を見抜く)、徳川家綱(四代将軍。病弱)、松平伊豆守・阿部忠秋(ともに老中。先代からの幕府重臣)、中根正盛(前将軍直属隠密集団の首魁。幽仙と号して隠居を装う)

続きを読む
  • カムイ伝全集 第二部 全 12 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    カムイ伝全集 第二部 全 12 巻

    13,200円(税込)
    132pt獲得

レビュー

レビューコメント
  • カムイの活躍が本格化してきた。抜忍として追われるが、今回は強敵でカムイも瀕死の重傷を負う。音弥は将軍の傷心をいやすため、大奥に潜入しわざと将軍を怒らせる。音弥の心遣いに気づいた将軍は心身ともに回復する...

    続きを読む
  • 第2部はあまり読むスピードが進まないのだけど、この巻は久々に即座に読み終えた。カムイと巨鯉の関係になんとも言いようのない気持ちに。一歩間違えば、あのような姿になったともいえるし、鯉が身代わりになったと...

    続きを読む

セーフモード