カムイ伝全集 第二部 6巻

白土三平

1,100円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

▼第1章/野望〔二〕(下馬将軍/放鷹/中根忍び/桜下三学の舞/済松寺/泥亀)▼第2章/野望〔三〕(帝鑑の間) ●主な登場人物/宮城音弥(貧乏御家人の子から青山美濃守の小姓になった美少年)、カムイ(夙谷の非人から天才的忍者に。現在は抜忍として逃亡の日々)、草加竜之進(武家社会に疑問を持つ、元日置領次席家老の子。行きがかり上、笹一角を名乗る) ●あらすじ/四代将軍・家綱の剣術嫌いを直すため、堀田正俊の口ききで殿中に上がることになった宮城音弥。身分の違いを越え、友人同士のような関係になった家綱と音弥は、この日も奥の間で将棋をさし、さらに堀端へ出かけて釣りを楽しむ。音弥の指南もあって上々の釣果を上げた家綱はその晩、上機嫌で宴会を開き…[野望〔二〕(下馬将軍)]。●本巻の特徴/堀田正俊の計らいで、将軍・家綱の剣法の相手に抜擢された宮城音弥は、家綱のお気に入りの存在となる。同時に、柳生に師事し、剣の腕前も飛躍的に上達していく。一方、腹黒い野望を抱く老中筆頭の酒井忠清は、次の策謀を実行すべく、着々とその準備を進めていた――!! ●その他の登場人物/酒井忠清(老中筆頭。下馬将軍といわれる権力者)、堀田正俊(若いが剛直・聡明で、酒井の専横に憤る)、堀田上野介正信(佐倉11万石城主。正俊の兄。武辺一筋)、木村助九郎(柳生道場高弟。音弥の天分を見抜く)、徳川家綱(四代将軍。病弱)、松平伊豆守・阿部忠秋(ともに老中。先代からの幕府重臣)、中根正盛(前将軍直属隠密集団の首魁。幽仙と号して隠居を装う)

続きを読む
  • カムイ伝全集 第二部 全 12 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    カムイ伝全集 第二部 全 12 巻

    13,200円(税込)
    132pt獲得

レビュー

まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

レビュー投稿

セーフモード