カムイ伝全集 第二部 3巻

白土三平

1,100円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

▼第1章/佐渡守〔二〕(五百棲[いらず]ヶ原)▼第2章/念者〔一〕(謀反/旗本奴/道無/親子/恋敵/春一番/念者)▼第3章/念者〔二〕(流氷/学芸試合) ●主な登場人物/草加竜之進(武家社会に疑問を持つ、元日置領次席家老の子。行きがかり上、笹一角を名乗る)、錦丹波(幕府直轄地・日置領代官)、鞘香(丹波の娘)、加代(鞘香と親しくなった農民の娘)、望月佐渡守(権謀術数に長けた猿投沢城主)、冬木道無(ナゾの町医者)、アヤメ(道無の娘。竜之進に恋心を寄せる)、宮城音弥(貧乏御家人の子から青山美濃守の小姓になった美少年) ●あらすじ/行方知れずとなった娘・鞘香の探索の協力を得るため、隣領の城主・望月佐渡守のもとを訪れた錦丹波。これに快く応じた佐渡守は、日置山系の奥深くにある原生林「五百棲ヶ原」に迷い込んだのではないかと述べ、さらに見せたい物があると言って2つの箱を並べる。そのころ鞘香と加代は、冬の樹海の中を助け合い、なんとか生き延びていたが…[佐渡守〔二〕(五百棲ヶ原)]。●本巻の特徴/娘の鞘香は行方不明、嫡男の源之助は放蕩三昧…と、江戸へ戻っても錦丹波の苦悩は深い。一方、流浪の果てに江戸へたどり着いた笹一角(竜之進)は、町医者・冬木のもとに身を寄せるが、冬木の娘・アヤメが人を殺すところを目撃して…!?

続きを読む
  • カムイ伝全集 第二部 全 12 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    カムイ伝全集 第二部 全 12 巻

    13,200円(税込)
    132pt獲得

レビュー

レビューコメント(1件)
  • 一番乗り
    2020/12/07

    不公正は世の常。
    そこからの解放は人間には無理なのだと理解させられます。

    名称未設定 さんのレビュー
他のレビューをもっと見る

セーフモード