二ノ橋 柳亭

神吉拓郎

715円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    雑誌で取り上げられた小料理屋〔二ノ橋 柳亭〕の場所は誰も知ることができない。なぜなら、食味評論家が書いた架空の店だからだ。ところが、「柳亭を探し当てた」という読者からの手紙が編集部に届き……。(表題作) 代表作「ブラックバス」など全7篇を収録。繊細と洒脱が織りなす物語の妙に酔う、直木賞作家の粋が詰まった極上の短篇集。(『ブラックバス』改題)

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    2
    5
    0
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/08/28Posted by ブクログ

      今までずっと戦前の文学を読んでいたので、戦後の文学というのは新鮮だった。いくつか戦争や戦後の描写が出てくる話があるが、さり気なく描写が挿入されている。その描写だけでなく、全体的に一言一言が重かったりト...

      続きを読む
    • 2017/09/22Posted by ブクログ

      それぞれに趣の異なる話が詰まった短編集。
      そのどれを取っても、するすると入ってくるのに味わい深く、品がある文章で満たされているので、読んでいて楽しかったです。
      色川武大氏の解説もまたいい味を出していて...

      続きを読む

    セーフモード