源氏天一坊 江戸の御庭番 2

著者:藤井邦夫

648円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    将軍直属の隠密・御庭番の倉沢家に婿入りした喬四郎。徳川吉宗から新たな指令を受けるが、それは思いもよらぬ人物の画策に繋がっていた……。手に汗握る展開、爽快な活劇と成敗! これぞ時代劇!

    続きを読む

    レビュー

    4
    2
    5
    1
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/11/03Posted by ブクログ

      吉宗の御落胤の話
      悲壮感がなく達観しているのが魅力の主人公
      天一坊を見のがすのは、お庭番としては問題だが、ナイスな判断だと思う(´・ω・`)

    • 2018/08/18Posted by ブクログ

      御庭番の倉沢家に婿入りし、家督を継いだ喬四郎。妻佐奈、義父左内、義母静乃。時の将軍、八代吉宗の時代、天一坊という将軍の御落胤を語る修験者たちがさまざまな事件を。吉宗の命を受けた喬四郎は、事件を隠密裏に...

      続きを読む

    セーフモード