本のお茶

抄訳・文:川口葉子 写真:藤田一咲

748円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    明治39年に刊行された岡倉天心の名著『茶の本』にカフェのスパイスを加え、手に取りやすいビジュアルブックとして現代によみがえりました。100年を越えて愛される、茶の道を通して語られる天心の言葉は、日本の文化を世界的な視点でとらえた今こそ触れておきたいものばかり。教養書、茶道書として扱われがちな『茶の本』のエッセンスを、イメージビジュアルとわかりやすい現代語訳でまとめました。カフェで過ごす穏やかなひとときのような、味わい深い読み心地をお楽しみください。

    続きを読む

    レビュー

    4.5
    2
    5
    1
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/11/20Posted by ブクログ

      写真と文で丁寧に綴られたビジュアル文庫というべきか。
      原典の岡倉天心の茶の本は、時代もあり、少し堅い言葉で綴られているのに対し、本書では著者の解釈のもと、分かりやすく、ゆったりと寛ぎながら楽しめる工夫...

      続きを読む
    • 2019/01/02Posted by ブクログ

      <目次>
      『ほんのお茶」の味わいかた
      THE BOOK OF TEAと岡倉天心
      第一章 一杯のお茶の中に
      第二章 お茶の歴史
      第三章 タオイズムと禅
      第四章 茶室
      第五章 アートと向き合う
      第六章 花...

      続きを読む

    セーフモード