【最新刊】京都なぞとき四季報 古書と誤解と銀河鉄道

京都なぞとき四季報

お得

著者:円居挽

660円462円(税込) 7/23まで

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    【目次】たまにはセドリー・オン・ザ・ロックスを/見えないブルー/撫子はもう好きじゃない/五分だけでも待って/ 銀叡電の夜

    続きを読む
    提供開始日
    2018/08/24
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    ミステリー
    • 京都なぞとき四季報 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      京都なぞとき四季報 全 2 巻

      924円(税込)
      9pt獲得

    レビュー

    • ネタバレ
      2020/07/10Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      なぞがあるときだけ現れる「三号館」。遠近倫人は青河さんへの恋に奮闘しながら三号館に助けられて謎解き。最終章で京大の自治問題に触れてますね。実際テレビで大学と学生の対立を見たことあります。続編も読みたい...

      続きを読む
    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      第2巻ということで、第1巻と同じ流れかと思ったら、予想外のミステリーに驚きだった。
      でも、これはこれでいい着地点だったので、良かったと思う。
      やっぱり、このお話は、これでお終いなのかな。

    開く

    セーフモード