ヒトラーの試写室

著者:松岡圭祐

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    1935年、20歳の柴田彰は活動写真の俳優を夢見るが、大工の父親は猛反対し勘当されてしまった。家を飛び出しオーディションを受けるが箸にも棒にもかからずあえなく挫折。だが、人手不足だった日独合作映画「新しき土」の特殊撮影助手の仕事にありつく。主任の円谷英二の情熱に触れるうち彰も仕事にのめり込み映画は見事に完成。ベルリンにも運ばれ、映画で人心の掌握と扇動を狙っていたナチス宣伝大臣ゲッベルスの心に刻み込まれる。日本は41年、ついに太平洋戦争に突入。軍部の要請から戦意高揚をねらった映画「ハワイ・マレー海戦」が製作されることになり彰も特殊撮影で参加。この作品もベルリンに運ばれ、丁度イギリスの権威を失墜させる為に映画「タイタニック」を製作したが、どうしてもクライマックスの沈没シーンが上手く撮影できないことを悩んでいたゲッベルスが目をつけ、彰がドイツに招聘されることになる。環境の違いから撮影は苦戦。日本に残した妻子を想う柴田だったが、ベルリンは戦火に……。意外すぎる歴史秘話に基づく、一気読みと感動必至の傑作エンタメ小説。

    続きを読む

    レビュー

    4
    22
    5
    7
    4
    9
    3
    6
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/02/07Posted by ブクログ

      松岡ファンとしては ハラハラ ドキドキで 一気に 読んでしまいました。

      歴史ものは 結果を知っているので ずるいとも 思いますが。

      でも 面白かったです。

      ナチスの最後
      長崎への 原爆投下。
      ...

      続きを読む
    • 2019/11/26Posted by ブクログ

      松岡圭祐さんの本は面白い。
      たまたま、米内光政を取り上げた本を読んだ後だったので、第二次大戦に突入する日本そしてドイツ、イタリアとの同盟のきっかけのの知識があったので、なお面白く読めた。
      今の時代も超...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2019/10/11Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード