戊辰戦争と東北の格差

太田保世

1,650円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    戊辰戦争から明治期を対照的に生きた西郷頼母と榎本武揚を基軸に、呪縛意識としての「白河以北一山百文」を巡る東北考。戊辰戦争を境に、東北に根付いた後進性と精神性を抉り出し、東北の再生を願う辛口エッセイ。

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード