【最新刊】巨乳の誕生 大きなおっぱいはどう呼ばれてきたのか

巨乳の誕生 大きなおっぱいはどう呼ばれてきたのか

安田理央

1,760円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    巨乳?ボイン?デカパイ?以後、おっぱいについて語る者は、この本を避けて通ることはできないだろう。「おっぱい」はいつから性器になったのか。巨乳愛の虚実を谷間に探る!都築響一(編集者)いつの時代でも大きなおっぱいが好まれていたわけではない。70年代にはユニセックスで華奢な体つきこそがファッショナブルであり、80年代のAV業界でさえも胸の大きなAV女優は人気を得ることができなかった。ようやく「巨乳」という言葉が誕生し、一般的に普及したのは1990年頃になってから。それまでは「ボイン」「デカパイ」「Dカップ」などと呼ばれていた。江戸時代から開国、敗戦、経済成長を経て現在、社会の「大きなおっぱい」の受け止められ方は、時代を反映して変わっていく。なぜ変わっていったのか。その理由と全貌をあきれるほどの調査で明らかにした革命的論考。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/12/15
    出版社
    太田出版
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    • 2018/02/06Posted by ブクログ

      <目次>
      序章   原宿に日本初の巨乳専門ショップがあった
      第1章  巨乳をめぐる世界史
      第2章  おっぱいは性的対象ではなかった
      第3章  グラマーの襲来
      第4章  ボインの時代 ナインの時代
      第5...

      続きを読む
    • 2018/10/07Posted by ブクログ

      昭和になってからの「ニホンのエロ風景」を大まじめに調べ、民俗本として読めるものにした一冊。

      著者のこの手法は、かなり完成度が高く、そういえばそういう人がいた、と懐古しながら読むもあり、鮮烈な「アノ...

      続きを読む
    • 2018/03/12Posted by ブクログ

      この国のマスメディアは「おっぱい」をどう扱い、より大きなソレへの欲望を焚き付けてきたか、その変遷を辿った記録である。もともと「巨乳」はそれほどもてはやされていなかったのだ。「ボイン」「デカパイ」などの...

      続きを読む
    開く

    セーフモード