私が尊敬する人はみんなバカだった。楽しんで成功するバカの教科書。

池田正輝/MBビジネス研究班

440円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    さっと読めるミニ書籍です(文章量15,000文字以上 20,000文字未満(20分で読めるシリーズ)=紙の書籍の30ページ程度)【書籍説明】ここ最近、身近なところでも社会的なところでも「バカ」であることが重要だと気付いた。調べてみると、やはり多くの人がSNS、ブログ、記事などにおいてテーマとして掲げていて、気付いている人はすでに多く存在する。しかし、それをあえて見ずに私なりの「バカ」の凄さを過去の経験をもとに表現したいが、発信者はもう「バカ」の凄さに気付いているのだろうから、主張は似ているのだろうとも思う。本題に入る前に「バカ」の定義だけお互いにしっかり持ちたい。広辞苑などにおいても大きく2つあり、1つは知識、知能が劣っていること。2つめは社会的な常識に欠けていることとある。人を罵る場合にはよく前者を使い、言われたときにも認識するのは9割前者である。私がこの本で使用する「バカ」は後者である、「社会的な常識に欠けていること」という定義を共有することから始めさせてもらいたい。「バカ」が自分の「バカ」さを意識したら最強である。その意識を強めるために読んでもらいたい。逆にアタマの回転が速く、知識や情報量が人より優れている、いわゆるエリートの人は「バカ」に近づけるように努力してもらたい。では、今から「バカ」になろう!【目次】一章 「バカ」はなぜか好かれる二章 面接に強い三章 「バカ」は演じることもできる四章 常識にとらわれない五章 他人に興味がある六章 心に話しかける七章 行動… 以上まえがきより抜粋

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード