システム設計の謎を解く 改訂版

高安厚思

2,640円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。本書では、4つの「入出力設計」(画面/帳票/DB/外部連携)と2つの「機能設計」(オンライン/バッチ)を定義・整理し、これら設計に焦点を当て、作業手順に沿いながら具体的解説を進めます。さらに、これら設計の前作業や、次行程のアーキテクチャ設計までを視野に入れ、体系的に理解できるように解説。新人からベテラン、担当エンジニアから管理者まで、システム設計に携わるすべての人が知っておくべき内容を網羅しました。本改訂版では、2013年5月に発刊して4年を経て、システム設計を取り巻く環境や、システム設計の立ち位置が変化したため、それに対応した内容の改訂を実施します。本文全体の見直しと、以下の観点を中心にした項目の追記やリライトを実施します。・サービスデスク・インシデント管理(問題管理、変更管理、構成管理)・サービスレベル管理・運用管理項目・定期的なオペレーション・非定型オペレーション・API設計について

    続きを読む

    レビュー

    4
    2
    5
    0
    4
    2
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/11/10Posted by ブクログ

      181110 中央図書館
      プロのシステム屋には易しすぎる内容かもしれないが、システムを企業経営、サービスマネジメント技術の面から担当する人には、丁度良いテキストではないか。

    • 2018/01/04Posted by ブクログ

      IPAの公開している「機能要件の合意形成ガイド」(https://www.ipa.go.jp/sec/softwareengineering/reports/20100331.html)に沿った活動を...

      続きを読む

    セーフモード