カイロ大学

著:浅川芳裕

937円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ◆中東のハーバード! ?といわれるエジプトの名門カイロ大学! ?◆小池百合子が卒業していたことで注目を浴びた大学はあのサダム・フセインから、アラファト議長をはじめガリ国連事務総長、ノーベル文学賞受賞者からアルカイダ指導者まで多種多様な人材を輩出した特殊な大学であった。◆かつてカイロ大学に通っていた著者が現在のキャンパスを丹念に調査し、その歴史までもひもとく入魂のノンフィクション! ◆中東の近現代史にきわめて重要な存在感を出す、カイロ大学はエジプトという政治大国における首都大学という位置づけだけでなく、特異な建学の精神、過激な学生運動から、もたらされる文化・伝統にあった! ?◆学生生活からエジプト革命まで謎のベールが今明かされる■“闘争”と“混乱”が生み出す世界最強のカイロ大学 筆者がカイロ大学のオリエンテーションを受けたとき、担当者からいわれた最初の言葉は「混乱の世界へようこそ! 」です。実際、カイロ大学のキャンパスで実体験した混乱の根は想像以上に深いものでした。そんな混乱を経験済みのカイロ大学出身者の共通点は、乱世に強いことです。(中略)カイロ大学は世界に混乱をもたらす人物と平和を求める出身者が混在しているのが特徴です。どちらの側につくにしても、両者の間では死ぬか生きるかの思想闘争が繰り返されています。 混乱と闘争という学風を持つカイロ大学が彼らの人生に、学びの園という領域を越えた影響を与えているというのが本書の主題です。(本文より)◆本書の内容■第1章 カイロ流交渉術の極意■第2章 世界最強の大学―カイロ大学■第3章 カイロ大学―混乱と闘争の源流■第4章 カイロ大建学者思想の申し子たち       ―――ターハ、バンナ、ナセル、クトゥブ■第5章 カイロ大学―政治闘争と思想輸出の前線基地■第6章 カイロ大学留学のススメ■第7章 カイロ大学留学体験記

    続きを読む

    レビュー

    4
    3
    5
    1
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/12/30Posted by ブクログ

      ベスト新書らしからぬテーマなのだが、持ち込み企画ではないらしい。編集は小池百合子の話をメインにしようと思ったのだろうが、とんでもなく濃厚な作品に仕上がってしまった。それでもベスト新書の色が出ているのは...

      続きを読む
    • 2018/11/10Posted by ブクログ

      エジプトは、日本人の私をそのままで受け入れてくれるなど、多様性の高さを感じた。その根底がわかるような内容であった。様々な時代を様々な考えをぶつけ合いながら乗り越えてきたエジプトは奥が深い。他の中東国の...

      続きを読む
    • 2018/02/12Posted by ブクログ

      【混沌に学んで】ヤセル・アラファトやサダム・フセインが在学したこともあるエジプトのカイロ大学。実際に留学経験を持つ著者が,何故に同大学が「世界最強」であるかを熱狂的に語り記した作品です。著者は,『日本...

      続きを読む

    セーフモード