DEEP THINKING〈ディープ・シンキング〉人工知能の思考を読む

著:ガルリ・カスパロフ 訳:染田屋茂

2,200円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    IBMディープ・ブルー戦から20年伝説のチェス・プレイヤーが「機械との競争」から学んだ“創造”の本質。「洞察に満ちた一冊。一気に読み終えてしまった。」(解説・羽生善治)機械が人間の仕事をどれだけ多くこなせるようになっても、私たちは機械と競争しているのではない。新たな課題を生みだし、自分の能力を伸ばし、生活を向上させるために自分自身と競争しているのだ。……もし私たちが、自分たちの生みだしたテクノロジーに対抗できなくなったと感じているなら、それは目標や夢の実現に向けた努力や意欲が足りないからにほかならない。私たちは「機械ができること」ではなく「機械がまだできないこと」にもっと頭を悩ませるべきだろう。(本書より)

    続きを読む

    レビュー

    3.3
    3
    5
    0
    4
    2
    3
    0
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/11/12Posted by ブクログ

      有名なディープブルーとカスパロフとの対決を、カスパロフ自身が自伝的に記したもの。ディープブルーとの対決の詳細は手に汗握る展開を感じた。そんなに古い本ではないが、アルファ碁がイ・セドルに勝った今となって...

      続きを読む
    • 2018/02/08Posted by ブクログ

      Singularity
      シンギュラリティという言葉を技術発展の文脈で初めて使ったのは、天才数学者であり現在のコンピューターの動作原理を考案したとされるジョン・フォン・ノイマン氏(1903ー1957)と...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2018/01/25Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています

    セーフモード