あなたの「想い」届けます。 旅籠屋あのこの

著者:岬

693円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    霧の街・釧路の幣舞橋を少しこえた先に、その宿はある。紺と白、二色の暖簾がゆれる古民家風の《旅籠屋あのこの》。この宿のモットーは「どんな客人も、来るもの拒まず」。そこは死者も生者も訪れる、“あの世”と“この世”を結ぶ宿だった――。ひょんなことからここの新米従業員となった丸子のもとに、なにやら“ワケあり”な客人がやってきて……。料理番の南郷さん、神出鬼没な宿の主・紫鶴。ちょっぴり変わった面々と、不思議なお客が集う宿で、今日も素敵なドラマが始まります。

    続きを読む

    レビュー

    4
    1
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/11/03Posted by ブクログ

      「あの」と「この」の暖簾がかかった旅館。

      どちらの暖簾をくぐってくるかで生者か死者かが分かる…。いろんな未練がある人たちとの交流物語。

      心が優しくなれるお話でした。

    • 2017/12/14Posted by ブクログ

      【“どんな客人”も来る者拒まず――「あの世」と「この世」を結ぶ宿には、今日も感動が待っている。あなたの「想い」届けます。】

       霧の街・釧路の幣舞橋を少しこえた先に、その宿はある。紺と白、二色の暖簾が...

      続きを読む

    セーフモード