迷い猫は愛に溺れる 第2話

著:春原ねこ

165円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

「先生、俺の家族になってください―――」幼い頃に両親を失い、孤独を恐れ「家族」の温もりを求めていた男子大学生の芦屋。男性向けデリヘルのバイトで疲れ切ってしまい、町中で気を失ってしまった彼を介抱したのは、同じ大学の教授・黒須で…。これは不器用な二人の甘い恋のおはなし。(第2話)

続きを読む
  • 迷い猫は愛に溺れる 全 3 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    迷い猫は愛に溺れる 全 3 巻

    495円(税込)
    4pt獲得

レビュー

4.3
54
5
27
4
21
3
5
2
1
1
0
レビュー投稿
  • 2019/11/26Posted by ブクログ

    猫目線で書かれてるだけで、「うちの猫ちゃんも、そんな風に思ってくれてるのかしら?」って可愛いくて可愛いくて。正直展開はある程度読めるしお決まりなんどけど、主人公が猫だと読み手側気の持ちようが変わってき...

    続きを読む
  • 2019/06/02Posted by ブクログ

    言葉が通じる人間同士なのに通じない……
    言葉が通じないアルフィーとは通じる。
    言葉って逆にとっても不自由なものかもしれない……と感じました。

  • 2019/02/11Posted by ブクログ

    表紙の猫が実家猫にそっくり(多分同じ種類のブリティッシュショートヘア)なのがキッカケで読み始めたが、すごく面白かったしアルフィーは可愛いし心が暖かくなるお話だった。
    自分にどんな辛いことがあってもその...

    続きを読む
開く

セーフモード