片倉小十郎景綱 伊達政宗を奥州の覇者にした補佐役

著:近衛龍春

789円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    伊達政宗が「梵天丸」と称した幼少時代から“傅役”として養育係に抜擢され、己の生涯のすべてを若き主君の成長に捧げた片倉小十郎景綱――。幼い政宗が疱瘡によって病み、飛び出た自分の右眼を抉り出すよう命じたとき、それに応じたのも景綱であった。これ以来、政宗の失った右眼となることを誓った景綱は、主君を支える軍師として、また一人の武将として政宗の奥州制覇に向けた戦場に立つ。人取橋の合戦や窪田の戦い、摺上原の戦い、小田原参陣、朝鮮出兵、関ヶ原合戦といった伊達家の歴代の決戦場において、景綱は常に政宗の側にあって知勇を駆使し、「独眼竜のいるところ、必ず片倉小十郎の姿あり」と周囲に恐れられた。政宗が奥州の覇者となった後は更に固い絆で結ばれ、天下人である秀吉や家康の引き抜きも頑として拒んだ。その姿は“忠臣の鑑”として謳われた。政宗を奥州一の大名に飛躍させた戦国随一の補佐役を描く長編力作!

    続きを読む

    レビュー

    3.2
    7
    5
    0
    4
    3
    3
    3
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2014/01/27Posted by ブクログ

      知らないことばかりでした。
      筆者はこの作品を書くのに、すごく調査をされたのだなと感じました。

      途中、若干飽きがきましたが、なんとか読了。
      後半になればなるほど、知っている話も多くなり、読みやすくなり...

      続きを読む
    • 2011/11/06Posted by ブクログ

      伊達政宗が「梵天丸」と称した幼少時代から、傅役として己の生涯を捧げた片倉小十郎景綱。人取橋の合戦や摺上原の戦いなど、伊達家の決戦場で常に政宗の側にあり、その冷静な大局観から幾多の危難を救ってきた。政宗...

      続きを読む
    • 2009/08/06Posted by ブクログ

      2009年6月中旬〜8月6日 中断を抜いて1週間ぐらい
      読み易さ≫まぁまぁ、普通。戦は地図が載っているのでイメージし易いです。
      内容≫片倉小十郎景綱の一生

      <本の感想>
      まぁ、政宗よりは読み易かった...

      続きを読む
    開く

    セーフモード