【最新刊】赤狩り THE RED RAT IN HOLLYWOOD 7巻

赤狩り THE RED RAT IN HOLLYWOOD

山本おさむ

605円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

映画作りを愛する者たちの権力との闘い。二大強国の冷戦が深刻化し、米国で吹き荒れる赤狩りの嵐。ソ連の力に脅威を感じた米国政府はハリウッドの著名な映画人を共産主義者であると告発していく。その内、召喚や証言を拒否した主要な10人“ハリウッド・テン”を有罪にした非米活動委員会。ハリウッド・テンの中心的存在ドルトン・トランボは他人の名前で脚本を書き、『ローマの休日』、『黒い牡牛』を脱稿。アカデミー賞を獲得。カーク・ダグラスは新作『スパルタカス』の脚本をトランボに依頼する。FBI・Aキビーは右派のコラムニスト・ヘッダホッパーと組んで トランボをこの作品の脚本から降ろそうと画策するが…

続きを読む
ページ数
227ページ
提供開始日
2020/03/30
連載誌/レーベル
ビッグコミックオリジナル
出版社
小学館
ジャンル
青年マンガ
  • 赤狩り THE RED RAT IN HOLLYWOOD 全 7 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    赤狩り THE RED RAT IN HOLLYWOOD 全 7 巻

    4,290円(税込)
    42pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

5
4
5
4
4
0
3
0
2
0
1
0
レビュー投稿
  • ネタバレ
    2019/05/31Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • 2019/12/07Posted by ブクログ

    「黒い牡牛」のくだりはもっと引っ張って劇的に進行するのかと思ったら
    あっさりと話が進んだ。そしてあっさりと復権するのかと思っていたらまだ一山あるんだねえ。
    巻末の作者註も必読。

  • 2019/08/08Posted by ブクログ

    4巻はドルトン・トランボの刑務所での囚人セシルとの話”ラブレター”と
    架空の俳優ジョン・エヴァンスの話”愛するニーナ”が珠玉。
    ”ラブレター”はトランボの再生決意の回。

開く

セーフモード