もうレシピ本はいらない 人生を救う最強の食卓

稲垣えみ子

1,222円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    作りおき不要! 準備10分!誰でも作れるワンパターンごはん、でも、これがウマいんだ!アフロえみ子の1食200円驚きの食生活を大公開 アフロで無職で独身の、稲垣えみ子52歳。朝日新聞退社後、激変したのは食生活。メシ、汁、漬物を基本に作る毎日のごはんは、なんと一食200円。冷蔵庫なし、ガスコンロは一口、それでもできる献立とは!? 何にしようか悩む必要すらない、ワンパターンごはん。でも、そのバリエーションは無限で自由。料理は、自由への扉だ!だから自分で自分の人生を歩みたければ、誰もが料理をすべきなのである。男も、女も、子供も。自分で料理をする力を失ってはいけない。それは自らの自由を投げ捨てる行為である。(あとがきより)●ごはんはどんな鍋でも炊ける●味噌を湯で溶く、究極の1分味噌汁●最強の出汁が出る、干しエノキ●旬の野菜の食べ尽くし●ぬか床は最高のお抱え料理人●塩味グループの調味料で万全●アフロ式10分クッキング……目からうろこのアイデア満載!毎日の食卓のカラー口絵付き

    続きを読む

    レビュー

    • 2019/12/04Posted by ブクログ

      いや~なんかね
      私がモヤモヤ思ってたことをズバッ!といってくれた本!

      仕事の関係上、仕事関係やら、女子の集まりやら、なんやかんやと高いお店に行ったり、ワインやらシャンパンの会やらに誘われることがあっ...

      続きを読む
    • 2018/11/12Posted by ブクログ

      朝日新聞記者を50歳を機に退職し、脱電生活、ミニマルな一人暮らしに果敢にチャレンジしているアフロ元記者の稲垣えみ子さん。

      今回は生活の基本、食にヒューチャーした一冊。

      食べること、作ることが退職後...

      続きを読む
    • 2018/02/03Posted by ブクログ

      何て潔くてかっこいい、お友達になりたい 笑

      毎日仕事から帰って買い物をし、主菜副菜汁物とレパートリーを考えなくてはならず、1ヶ月の間は同じかおかずは出さない…ような生活が当たり前だと思い込んで日々疲...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001817646","price":"1222"}]

    セーフモード