仏教の冷たさ キリスト教の危うさ

著:ネルケ無方

704円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    一神教はなぜ争うのか?「悟り」「執着」とは何か?ドイツ人禅僧が教える、日本人のための宗教原論。「家族を捨て、悟りを開いたブッダは、実は冷たい人だったのではないか?」「愛を説くキリスト教徒は、なぜ戦争ばかりしているのか?」この、多くの日本人が持つ“疑問”に対して、ドイツ人禅僧である著者が「仏教」と「キリスト教」を対比させながらひとつの答えを出す―。「仏教」と「キリスト」教の違いが一読でわかる! 現・曹洞宗の住職で、元・キリスト教徒(プロテスタント)による、異色の比較宗教学。

    続きを読む

    レビュー

    4.5
    2
    5
    1
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2017/10/09Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2016/06/16Posted by ブクログ

      期待以上に面白く読めました。
      ドイツ出身の曹洞宗の僧侶である著者が
      そのバックボーンの観点から、キリスト教を含む
      一神教と仏教の違いを述べているのと、最後には
      日本人の宗教に対する感覚とその感覚と向か...

      続きを読む

    セーフモード