【最新刊】ばあちゃん助産師(せんせい) こころの子育て

ばあちゃん助産師(せんせい) こころの子育て

1冊

坂本フジヱ

1,232円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「0才でこころの根っこを育てたら、子育ては半分終わったようなもんや。1才からは周囲の助けをかりて、楽チン子育てするんやで。」ベストセラー『大丈夫やで』の著者、91才日本最高齢現役助産師が、「子どもを産み育てる楽しさ、母としての覚悟」について語った一冊です。これから母になるあなたに、そして懸命に子育てしているのに、なかなかうまくいかなくて苦しんだり、迷ったりしているお母さんに、ぜひ読んで頂きたいと願っています。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/12/13

    レビュー

    4.3
    3
    5
    2
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/09/14Posted by ブクログ

      出産後に初めて行った図書館で手にした本。赤ちゃんを育ててから読むと、もっと赤ちゃんの立場になって考えないとと改めて思わせてくれた。赤ちゃんは神様、なんでもお見通しという言葉にドキッとさせられた。

    • 2015/11/17Posted by ブクログ

      Evernoteにある。

      ・男は男らしく、女は女らしく=家で男が権限、女は女らしく、親がしていればいい
      →これはちょっとうーん。うちは混ざっているし。

      その他は概ね◎

    • 2015/07/04Posted by ブクログ

      いわゆる3歳児神話に縛られているお母さんに。
      そんなにつきっきりでなくても大丈夫、0歳の1年間だけ愛情をたっぷり注げば、子育ては半分終わったようなもの!あとはまっすぐ育つで!とのこと。
      フジエばあちゃ...

      続きを読む

    セーフモード