猫丸先輩シリーズ (2) 過ぎ行く風はみどり色

著:倉知淳

1,222円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    邪険な扱いしかしなかった亡き妻に謝罪したい――一代で財を成した傑物・方城兵馬の願いを叶えるため、長男の直嗣が連れてきたのはなんと霊媒師。自宅で降霊会を開いて霊魂を呼び寄せようというのだ。霊媒のインチキを暴こうとする超常現象の研究者までもがやって来て、方城家に騒然とした空気が広がる中、兵馬が密室状態の離れで撲殺されてしまう。霊媒は方城家に悪霊が立ち籠めていると主張、かくて調伏のための降霊会が開かれるが、その席上で第二の惨劇が起きた――方城家を襲う奇怪な連続不可能殺人の謎に挑むのは、飄々とした名探偵・猫丸先輩! 著者初期を代表する傑作長編。/解説=巽昌章/新版刊行によせて=倉知淳

    続きを読む
    • 猫丸先輩シリーズ 全 3 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      猫丸先輩シリーズ 全 3 巻

      2,952円(税込)
      29pt獲得

    レビュー

    4
    2
    5
    1
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/06/09Posted by ブクログ

      2019年26冊目。読みたかったけれど、絶版状態だったので新版発売はありがたい。表紙のテイストにはしっくりきていないけど。富豪の家に怪しい霊能力者や研究者、降霊会に密室殺人、不可能殺人と設定盛り盛り。...

      続きを読む
    • 2019/05/27Posted by ブクログ

      2019.5.27
      板橋病院入院中に

      猫丸先輩
      成一
      神代さん
      大内山
      左枝子
      霊媒師
      降霊会

      左枝子の勘違いによるトリック
      美亜のキャラ最高
      犯人は何となくすぐわかる
      でも読み応えあり。

    セーフモード