「ヤメノキア」が創る 北欧フィンランドの新興産業

後藤直義

110円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    人口約540万人の北欧フィンランドは、欧州最大のベンチャー企業の祭典である「SLUSH」の開催をはじめとして、新しいビジネスを生み出そうとする起業家たちで活気づいている。その背景には、かつて同国を象徴した名門企業ノキアの衰退と、そこを退職して新しい仕事を模索する「ヤメノキア」たちの存在があった。 『週刊ダイヤモンド』(2016年2月13日号)の第3特集を電子化したものです。雑誌のほかのコンテンツは含まれません。*本誌の電子版も販売しています(最新号は毎週月曜日配信)。詳しくは「週刊ダイヤモンド」で検索ください。

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード