日本人なら知っておきたい昭和戦後史

監修:竹田恒泰

1,400円(税込)
1%獲得

14pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「日本の国を理解するためには昭和戦後史を知っておく必要があります」竹田恒泰さんは昭和戦後史の重要性を語ります。第二次大戦に敗れた日本が一面の焦土の中から立ち上がり、世界でも指折りの経済大国へと発展した背景には先人たちの並々ならぬ苦労と努力があったことは間違いありません。彼らがもし一歩でも道を誤っていたなら、日本は解体されて分割統治されていたかもしれません。私たちが今日、豊かで安定した生活を送ることができるのは、まさにそうした積み重ねの結果に他なりません。その点からも現在へとつながる昭和戦後史を理解することは私たちの使命とも言えます。また、今日の世界の中での日本の立ち位置を知り、未来へ向けて日本がどう在るべきかを知るためにも、地脈がつながる昭和戦後史を知っておく必要があるのです。本書は敗戦から30年の歴史を振り返り、日本がどのような国を目指し、どのような道を歩んできたのかを丁寧にまとめたものです。報道写真もふんだんに掲載し、わかりやすくイメージしやすいように編集しています。昭和史を理解するのに役立つ一冊です。

    続きを読む

    レビュー

    3
    5
    5
    0
    4
    2
    3
    2
    2
    0
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2016/01/27Posted by ブクログ

      明治天皇の玄孫が描く戦後日本の歴史。

      その時代にいない人間にとっても、政治から経済、民衆の暮らしまでわかりやすく書かれている。

      ただ、ちょっとrightな感じはしますけど。

      それを含めて読めばい...

      続きを読む
    • 2015/03/11Posted by ブクログ

      印象に残ったこと

      玉音放送、茫然自失の感に我を失う国民、皇居前では天皇に敗戦を詑びひれ伏した
      敗戦後の食料不足に、復員軍人や引き揚げ者が拍車をかけた
      昭和天皇の日本各地巡幸、8年半かけ46都道府県
      ...

      続きを読む
    • 2014/11/28Posted by ブクログ

      昭和天皇の人間宣言=昭和21年新日本建設に関する詔書

      戦犯はABCにわかれたが、重さではなく容疑に関するもの。パール判事は東京裁判そのものを否定していた。

      ドッジ・ラインによる緊縮財政でインフレが...

      続きを読む
    開く

    セーフモード