鈍色の華【イラスト入り】

木原音瀬/ZAKK

979円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

大手食品会社の物品管理課で働いている鶴谷は40代後半にも関わらず、白髪が目立つ冴えないサラリーマン。だがある日社長・兎河から呼び出され、業務提携のために海外の会社の重役の接待を命じられた。そんな大役は務まらないと固辞する鶴谷だったが、それがSEXでの接待であると告げられる。「あなたは彼らの前で服を脱ぎ、興奮させて好きなように体を弄らせていれば、それでいいんですよ」会社への恩もあり、その接待を引き受けた鶴谷が向かった場所には二人のアメリカ人がいて……。

続きを読む

レビュー

  • ネタバレ
    2017/07/25Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • ネタバレ
    2017/09/12Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • 2017/08/04Posted by ブクログ

    まずタイトル。鈍色、主人公の40代の白髪混じりの男性を表す象徴的な言葉。
    なんてタイトルのセンスがいいんだろうってうっとりする。
    40代の白髪って視覚から入ると年寄りに見えるが、肌もツヤツヤして血色も...

    続きを読む
開く